冬コーデを格上げ?今注目されている「結婚式」…

婚礼で大変だったのは、必ず洋服選び、使命選び、細々とした手法(お呼び状や座席レーベルなど)の細工でした。

洋服は、婚礼洋服は案外すぐに仕上がると思います。

彩りはオフホワイト、ホワイト、きなり、など多少の諸々はあるけれど、けれども基本はすべて白。

選択する問がそれほどないので、あとは自分の流儀にあった洋服を選べば良いからだ。

マーメイドにするか、A手段にするか……楽しみながら選択できます。

困難のが、色あい洋服の決め方。

こちらは、洋服の形だけでなく、では彩りを選ばないといったならないんです。

何の彩りも良さそう、と思いぎみですが、ほぼ、自分に似合う彩りは少ないです。

あたいも、皮膚が白いからか、濃いめの彩り……くどい桃色や、群青彩りなど、執念深い彩りは一部始終似合わず、無い彩りの中からセレクトになりました。

そこまで絞れても、けれども、ない彩りにもたくさんの諸々があります。

桃色、オレンジ、イエロー、水色……ひとつひとつ着てみないとわからないから、再び大変です。

洋服製品脱ぎ着するのに15分は低質かかります。

1日に何着も試着すれば、それだけスタミナももって壊れます。

色あい洋服の彩りが決まらないって、現場全体の使命の彩り、新郎のお色直しの彩り、ブーケの彩り、など、あらゆることも決まりません。

色あい洋服で何を着けるか、決めるのは思い切り面倒でした。

事後、使命の彩りを色あい洋服に合うものの中から選択します。

それが決まったら、その使命の風情にあった物開発。

式場にやってもらうによって、本人たちで印刷したり、別店頭にやってもらうほうが安いので、印刷物人付き合いは小遣いを省エネルギーやれる部分だ。

これが、自分でやるとなるともちろん大変です。

何枚もあるカードを折ったり、シートに並べたり、漢字を間違えないように心掛けたり。

今では有難いメモですが、その当時は勢いでやらないと終わらない気がして、徹夜で運営しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です